GARDENING

 

1997年3月に、この家に引越してきました。2年ほど経つと、どの場所がどれくらい日が当たるのか、あるいは乾燥する場所、湿気の多い場所など植物との相性もわかってきました。随分品種も増えました。

また元々植えられていたものも移したり人に譲ったりして、小さいながら私が理想とする「通りを歩く人とも話が交わせるオープンな庭」になりました。

クリスマスローズ家の外壁は1階部分がブルーグレー、2階がオフホワイト、飾りの帯板が淡いピンクです。外壁の色とおだやかにマッチする白、ピンク〜ローズ、あるいはパープル系の花々を好んで育てています。

一時期はコンテナ類もたくさん育てましたが、2000年夏、父が亡くなり留守中にみんな痛めてしまいました。可哀想なことをしてしまいました。それからは、管理に無理のない地植えで楽しむことにしています。

     
■My Flowers
   
  千両
← 千両  

お風呂場の東側に坪庭(本当に小さなスペースです)があります。その場所は壁に囲まれているため、ほとんど日が当たりません。それでも秋から可愛い赤い実をつける千両はお正月にはもってこいです。

この坪庭は和室の窓からも眺めることができます。万年青、ユキノシタ、シャガ、アジサイ、ヒイラギ南天などを植えています。

 
 
       
 
サボテン →


1991年3月に「真鶴サボテンランド」で買ってきたもの。ほったらかしなのに毎年1月下旬から良く咲きます。これは王冠のように小さなローズピンクの花を咲かせて可愛いです。

同じ時もう一種類、オレンジ〜赤色の中輪の花を2,3個咲かせるサボテンも元気に育っています。こちらは4〜5月に咲きます。

サボテン
     
  クロッカススノードロップ
左:クロッカス
右:スノードロップ
ここ数年ずっと欲しいと思い続けていたスノードロップ。1月中旬に咲き出しました。
       
 

球根花のスノードロップ、ミニ水仙(テターテート→)、ヒヤシンスと順に花が咲き、春らしさがまして来ました。

スノーフレークも数年ぶりに咲きました。ラッパ水仙は花びらがクリーム色で中央部分が淡いオレンジ。とてもやさしい色ですよ。

テターテート
     
  クリスマスローズ

←クリスマスローズ
   (常緑の宿根草)
 私は97年冬から育て始め、今ではとれた種で小さな株も育ってきています。種から育てたものが3年目ようやく初めの花を咲かせました。

2001年のクリスマスには、息子が小さなクリスマスローズの苗をプレゼントしてくれました。2003年はどのクリスマスローズよりも早く白い花を咲かせました。

       
 
雪柳 →

1998年4月。咲き終わった6号鉢(木の高さ30〜40cm)を買ってきて南の生垣の外へ植えました。

随分大きく育ち、今年で5回目の春がやってきました。毎年開花を楽しみにしています。

ゆきやなぎ
       
  たんぽぽ
← たんぽぽ

一年中通してうちの庭で一番日当たりの良い場所に、息子がタンポポを育てて(?)います。季節を問わず良く咲いています。

       
 
パンジー →

南の生垣の外側に、半年交代の一年草を植え込みます。

晩秋から春にかけてはパンジーです。色は白、ピンク、薄紫のものを良く植えます。

パンジー
       
  春蘭
← 春蘭
3月から4月にかけて、グリーンの花を咲かせます。とても地味ですが、日陰で楽しませてくれる頼もしい助っ人です。
       
 
黒リュウ →

竜のひげの仲間で、葉も実も黒い品種です。そばに緑やシルバーグリーンの葉物を植えて楽しんでいます。毎年株が広がっていきます。

南の小さな場所には、緑の葉の短い玉リュウをライン状に植え込んでいます。

ヤブランやオリヅルラン、ギボウシの縞の斑入り葉も日陰に適度な明るさと爽やかさを加えてくれます。

黒リュウ
       
  日々草
← 日々草

パンジーに代わって初夏から晩秋にかけては、日々草の出番です。

こちらもその年によって手に入る色が多少違いますが、ピンク系が主体です。

日々草の後ろ側はつつじです。この場所は5月頃、ローズピンクの花が咲きます。

       
 
たますだれ(ゼフィランサス) →

つくばにいた頃、滋賀の両親が庭の球根を分けてくれました。引越しの時、この花も一緒に引っ越してきました。

たますだれ
       
  つわぶき
← つわぶき
これも日陰でも丈夫に育つ、常緑の宿根草。秋には楓の下で黄色い花を咲かせます。
  UP↑
  ■Library
 
ガーデニング関連の本をご紹介します。
日陰の庭のシェードガーデニング
(文化出版局 奥 峰子著)
私の一押し。いくら南向きのお宅でも必ず影になる場所があるはずです。その場所も素敵なシェイドガーデンにする方法が紹介されています。
小さな庭のフラワーガーデニング
(文化出版局 奥 峰子著)
「限られたスペースをいかに美しく演出するか」をコンセプトに植物の特性、組み合わせ、管理、デザインを紹介したものです。
別冊NHK趣味の園芸
毎年花咲く宿根草花
(NHK出版)
おなじみのものから注目の新種まで117種類の宿根草の魅力、栽培方法、楽しみ方が紹介されています。
別冊NHK趣味の園芸
四季をはこぶ球根草花
(NHK出版)
球根の入手可能な種類から魅力あるものを105種類よりすぐって、栽培の仕方、楽しみ方を紹介されています。
  UP↑